教えて不動産投資のノウハウ【セミナーで収益効果をミセルー】

良い方向に持っていく

虫眼鏡と住宅の模型

収益物件は皆が欲しがるものではない

不動産投資をするときには、誰もが収益物件を入手しようとするものです。そのためには皆が欲しがるような物件に手を出さないことが大事です。というのは皆が欲しがるものはどうしても安く物件を入手する事が出来ないのです。物件の値段というのは需給によって決まるものですから、皆が欲しがるものは高くなってしまうのです。これではなかなか収益物件とはならないのです。不動産投資というのは、人がいらないといって手放した物件を人が欲しがるような収益物件にすることだと考えるといいでしょう。初めから収益物件を入手するというのは至難の業ですから、そのようなことを考えるのではなく人が要らないといったものをどうやって魅力のあるものに変えていくかを考えるのです。

魅力のある物件にする技を身につける

ですから、不動産投資を成功させるためには、魅力のない物件を魅力のある物件にする技を身につけることです。例えばリフォームの技術を習得するといったことです。自分でリフォームが出来るというのは非常に大きな武器となるものです。これが出来ればリフォームにかかる費用を大きく削減できるので、実質的なコスト削減といったことも可能ですし、物件を探すときの目といったものも養えることになるのです。自分でリフォームが出来るようになると、どんな物件が収益物件となるのかも分かってくるようになるでしょう。 また、清掃といったものが自分で出来るようになるといったことも効果的です。こういったことが出来るようになることで、収益物件を見つけることも出来るようになるのです。