教えて不動産投資のノウハウ【セミナーで収益効果をミセルー】

成功させる為に

壇上でスピーチする人

失敗するのは資産規模が小さいからです

不動産投資で成功するための秘訣は資産規模を追求することです。中古ワンルームマンション等で不動産投資を始めて、しばらくして失敗をしてしまう人はたいてい1戸の中古ワンルームマンションしか持っていないような状況が多いです。不動産投資において資産規模が大きければ大きいほど失敗の可能性は小さくなります。これは、保有戸数が多ければ多いほど、空室リスクが小さくなるからです。しかし、これから不動産投資を始めようとしている人にとっては、いきなり規模を大きくすることは至難の業です。お金に余裕があり2戸や3戸同時に購入できればよいですが、多くの人が失敗の可能性が最も高い1戸しか中古ワンルームマンションを保有していないという時期があります。この状況を解消できる不動産投資の方法があります。

大きな資産規模で運用するメリットを手に入れよう

それが上場不動産投資信託という投資商品を持つことです。上場不動産投資信託は多くの投資家からお金を集めたお金と金融機関から調達したお金で複数の収益物件を購入します。その資産規模は小さいものでも100億円単位であり、大きなものであれば1000億円単位となります。これだけの資産規模の運用でありながら、証券化という手法を取っているため、投資口価格は数万円から数十万円と比較的手が出しやすいものとなっています。つまり、少額で大きな資産規模で運用するメリットを手に入れることができるのです。現在の平均的な分配金利回りは3%から4%となっており、運用利回りも株式投資の平均配当利回りに比べると高くなっています。抒情不動産投資信託に投資をすることで失敗の可能性を小さくできるうえに高利回りも手に入れられるのです。